2007年08月15日

しらすと茗荷の和え物

しらすと茗荷



近くの居酒屋さんメニューを再現してみました。

たしか、こんな感じだったような?

シソをのせようと思っていたのに、うちにあるつもりがなくて、見た目かなりシンプルです。
作り方はもっとシンプルです。


でもおいしい♪


しらすのやさしい塩味&やわらかさと、茗荷のしゃきしゃき感がよく合います。

ビール、焼酎、日本酒に合うおつまみです。




昨日は久しぶりに滋賀の公園まで行ってきました。

京都よりは涼しかろうと思ったのに、もーお全然。
また日焼けしちゃったみたいでヒリヒリします。


8月も半ばを過ぎてもきれいに白い肌を保ってるお母さんってすごいなーとシミジミ思います。
私と同じくらいのペースで公園通いしてるお母さんでも、白い人は白いんですよね。

私なんて、5月にはすでに黒かった気が・・・


日焼け止めはもちろん塗ってるんだけど、それでも黒くなってしまう私の肌。

なんでだろ?

あまりの効果のなさに、最近は塗らなくなってしまった。


顔はかなり気をつけて日焼け止めを塗ってるので割に白いんだけど、
その結果顔が白浮きしてる気がします。。

いさぎよく今の肌色に合わせたファンデを買おうとカウンターに行ってみたけど、
黒い自分が見慣れなくて、結局買えず。


来年こそは白い肌キープしよう〜




って毎年心に思ってるんだけど。


◆材料◆
しらす・・・・・・50gくらい
茗荷・・・・・・・1つ
塩・・・・・・・・・少々
ごま油・・・・・大さじ1弱


◆作り方◆
1.茗荷はたてに半分に切り、薄切りする。

2.ボウルにしらすと茗荷を混ぜ、塩少々とごま油で好みの味に調味して、器に盛ってできあがり♪



しらすがそれなりにしょっぱいので、塩は少なめがいいです。
モノによっては塩なしでもいいかも?

ごま油は多い方がおいしい気もするけど、体のことを考えて少なめに。


塩+ごま油のシンプルな味付け、私結構好きです。
水菜のサラダとか、その味付けだとバクバク食べられちゃう。

一方夫はごま油とはいえ、油をそのままな感じがイマイチらしい。
(今回のは大丈夫だったけど)


ほんと、食べ物の好みははっきりしてるんですよねー。

でも私の姉妹のだんなさんはふたりとも、何を作っても自ら感想を言わないんだって。

それはなんだか残念。作り甲斐がない感じ。


やっぱりいやなものはいやと言うけど、おいしいときはちゃんと誉めてくれるほうがいいや。
posted by なつ at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | おつまみ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。