2008年01月09日

さつまいもプリン

CIMG6251.jpg


今日のおやつはさつまいもプリン。

「江島雅歌さん」というかたの、『自然派おやつ』のレシピで作りました。



私にはカラメルがなければ芋羊羹?と思えるお味でしたが(生クリーム使ってないから?)、チビには大好評♪


特にカラメルが気に入ったようで、気付くと天辺のあたりを中心に食べてました。



で、私のをニヤーと見て、「ママ、こうたーいしよっか?」(→取り替えて、という意味)だって。



なにぃ?と思ったももの、大人気ないので渋々交換。


でも私の顔を見てちょっと申し訳ないと思ったのか、「はんぶんこしよ?」と一口くれました♪




お砂糖控えめでこれだけおいしくて、チビも喜んでくれれば作った甲斐があるというものです。







江島雅歌さんの本は図書館で借りてきたのですが、これはよかった!




私はチビに、2歳になるくらいまでは日常的に市販のお菓子をあげないようにしてました。



でもまあ流れでどんどんゆるくなってたんですよねー。


特にここのところは頂き物が多く、プチケーキだの、ゴーフレットだの、
ハイチュー、のど飴(なぜか龍角散のど飴が好き)などなどたくさんの甘いものに親しんでるチビ。

ちなみにふだんのお気に入りはグミとミルクケーキとおせんべいです。



私が作るおやつも食べるけど、同時期に↑のようなおやつがあると、
断固としてそっちを希望し、私のおやつをあげても嫌がられるという悲しい結果になることも度々。



市販のお菓子のほうがおいしいかあ、でもそれってどれだけ砂糖使ってるんだろ?保存料とか添加物も気になるし。




と思いつつ、流れには逆らえず、歯磨きすればまあいいか、と、一日の分量だけは決めて、そういったいろんなお菓子もあげてました。



でも先日、こっちで友だちになったハルくんが、2歳半の今でも甘いお菓子は一切食べたことがないという事実を知ってしまいました。

人にもらっても渡さないし、日々のおやつはおせんべい、なんだって。



ははー!やろうと思えばできたんだ!と目が覚めました。




とはいえ、すっかり甘いものの味・見た目を覚えてしまったチビなので、
いまさらすべてを断つことはできなそう。
甘いものも楽しみのひとつだし。
でもせめて、私が買うお菓子を控えめにして、手作りお菓子の比率を増やそう、と決めました。



だけど作るとなると、たいていは甘いもので、バターや砂糖をたっぷり使うんですよねー。

自分の体重管理を考えてもそれはちょっとイヤだなあ、と思って探して見つけたのが江島さんの本だったんです。



そしたら、今回のさつまいもプリンの砂糖は20gと控えめだし、
『ノンシュガーおやつ』という本には、レーズンやりんごの甘味だけでおいしいというクッキーやらケーキやら、
ハチミツは使うけど野菜のペーストを練りこんだお菓子やら、
さらに、混ぜて焼くだけ的な簡単おやつやら、
まあ私のような母親にぴったりなレシピがたくさん♪



甘いもの大好きなチビでも、渋く小魚とかたたみ鰯とか、あとはチンして作る野菜チップスも好きなので、しょっぱい系もなんとか用意できそうだし。



せっかく専業主婦なんだし、できることはしてみようと思ったのでした〜。


posted by なつ at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | おやつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。