2008年02月06日

ブロッコリーと桜海老の塩炒め。

ブロッコリー


先日の鶏ムネマヨソテーの夕ごはんのときの副菜です。




野菜を食べないチビが食べる、数少ない野菜がブロッコリー。



なのでよく買うんだけど、夫にはイマイチらしい。


1つが大きいし、そんなに日持ちしないから、割と続けて出してしまうっていうのがきっと原因なんだろうな〜。


冷凍保存もしたことあるけど、ウチの冷蔵庫では?私の技術では?おいしく冷凍できなくて。




この料理も、チビには好評。夫には不評。

好みじゃないまで言われてしまった。


でもね、前につくったときは、これはうまい!って大絶賛だったんだよ?




最近夫は私の料理にずいぶん寛容になったなーと思っていたけど、まーやっぱり厳しいときはキビシイ。


でもこういうのはガマンされたところでしょうがないので、言ってくれるのはありがたいと思います。





・・・でもまた忘れたころ、出しちゃうもんね〜♪





◆材料◆2人分
ブロッコリー・・・・・・・1/3株くらい
サラダ油・・・・・・・・・大さじ1弱
*(酒大さじ1、塩少々、桜海老大さじ1から2くらい?)

◆作り方◆
1.ブロッコリーは小房に分ける。

2.フライパンにサラダ油を熱し、1を入れる。さっと混ぜて水少々をふり、ふたをして蒸す。

3.2に火が通ったら*を加え、水分を飛ばすようにいためる。








わが家は先週から生協の宅配生活が始まりました。





やっぱり宅配はラク♪
それに安心です。



・・・と思っていた生協で扱っていた餃子が、今回の中国製餃子なんですもんね。
児童館で会ったお母さんたちも、「あると便利だし、中国製でも生協なら大丈夫と思って買ってたよー」と言ってました。




でも、「生協」と言っても実はいろんな生協があるんですね。


私が理解してるのだと、店舗を持ち、普通のスーパーと同じような品揃えで宅配「も」してくれる生協と、店舗がなく、国産、無添加、無・減農薬にこだわった宅配専門の生協と。


今回の餃子の生協は前者で、私が加入したのは後者だったので、あー良かった。





いろんなタイプの生協があるってこと、私は4,5年前初めて生協に加入したときに初めて知りました。


それまでは、後者のタイプしかないと思ってたんです。
なぜなら実家や姉の家でとっていたのは後者だったので。単純な私。



生協ならどれも同じだと思っていたのに、私が当時加入した生協は、国産以外の商品も数多く扱ってるし、反対においしいと聞いていた「パスチャライズ牛乳」「無添加ソーセージ」等々がなくて、「??」でした。



その他の商品も、一部、一度も冷凍していないお肉など、おいしいものもあったけど、ほとんどはスーパーで買えるものが多くて、仕事を辞めたのを機に解約しました。




なので今回はしっかり調べました。


説明を聞くまで知らなかったけど、平飼いの鶏が産んだ卵が買えるし、一部ドライフルーツやバナナなどを除いて、お惣菜系の原材料まで国産で、さらに可能な限り添加物を控えてるんですねー。



まあその卵やお肉はいいお値段だなーと思うけど、それだけの手間をかけてるってことだし、乳製品や野菜類はスーパーと同じか安いくらいだし、カタログみてじっくり選ぶから無駄買いしないし、なんだかおいしい気がするし。



なにより、ワガママチビを連れて買い物行かなくていいし♪




でも、いくら家庭の中で「安全な食材を」と心がけていても、学校給食では中国製を扱ってるところが多いんですね。

あと、私たち夫婦の大好きな外食も、お店によってはどこのものを使ってるかわからないし。



日本産がすべて安全、外国産はすべてキケンとも思わないけど、でもやっぱり日本人だし、日本のものを食べてダメだったなら諦めもつくというか、日本のものを信用して食べていきたいと思うのでした。







posted by なつ at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 副菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/82657345
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。